1. ホーム>
  2. 妊娠・出産>
  3. 赤ちゃんがうまれたら

妊娠・出産

出生届

子どもがうまれたときは、うまれた子どもの父親か母親が、出生した日から14日以内に住民課に届け出てください。
その際、出生届(医師の証明をもらったもの)・印鑑・母子健康手帳・健康保険証を必ず持参してください。

お問い合わせ

住民課住民戸籍係 電話番号0280(57)4126

こども医療費助成制度

0歳~18歳(18歳に達する日以降の最初の3月31日)までのお子さんの医療費を助成しています。
※助成対象となるのは「保険診療分」と「入院時の食事代」のみです。

年齢区分受給資格者証の色助成内容
0歳から 未就学児まで ピンク色 ・栃木県内の医療機関等で受診 →現物給付
・栃木県外の医療機関等で受診 → 償還払い
・入院時の食事代 →償還払い

就学児から15歳まで

オレンジ色
16歳から 18歳まで むらさき色 ・すべて償還払い
※婚姻により成年とみなされた方は対象外です。

 
※現物給付・・・受給資格者証を医療機関の窓口に提示することで、保険診療分が自己負担なく受診できる助成方法です。
※償還払い・・・医療機関等の窓口でお支払いをした際の領収書を添えて、助成申請書を役場に提出していただき、後日口座振り込みでお支払いする助成方法です。

申請に必要なもの

  • 対象児童が加入している健康保険証
  • 印鑑

お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4141

児童手当

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方に対し、児童手当を支給します。
※出生、転入の翌日から15日以内に申請が必要です。
※公務員の方は勤務先への申請となります。

支給額

児童の年齢児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上 小学校終了前 10,000円 (第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円


※児童を養育している方の所得が所得制限限度額を超えた場合、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

申請に必要なもの

第一子の場合

  • 健康保険証(受給者・配偶者)
  • 印鑑
  • 受給者の振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード等)
  • 個人番号確認書類(受給者・配偶者)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)

第二子以降の場合

  • 印鑑

※その他に必要な書類をご案内する場合もあります。

お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4141

出産祝金

平成27年4月1日以降に生まれた子の保護者に祝い金を支給します。
特に第3子の支給拡充を図ります。

支給条件

  1. 野木町に住所を有する支給対象児の保護者で、支給対象児の出産時まで引き続き1年以上野木町に住所を有していること。
  2. 支給対象児の保護者に町に納付又は納入すべき町税等に滞納がないこと。

支給額

  1. 第1子・第2子   1人当り 20,000円
  2. 第3子以降     1人当り 100,000円

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 支給対象者の振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード等)
お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4141

未熟児養育医療給付制度

未熟児養育医療給付制度とは体の発達が未熟な状態で生まれ、入院医療を必要とする乳児に対してその治療費に必要な医療費を町が負担する制度です。養育医療の給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関に限られます。

対象者

次の項目全てに該当する乳児が対象です。

  1. 出生時の体重が2,000グラム以下あるいは体の発達が未熟な状態で生まれた乳児で、医師が入院療育を必要と認めた場合
  2. 満1歳未満であること
  3. 野木町に住所があること

給付の内容

指定養育医療機関で行う入院治療が対象となります。通院治療や退院後の再入院は対象になりません。

必要書類

  • 養育医療給付申請書
  • 養育医療意見書(指定養育医療機関の医師が記入)
  • 世帯調書
  • 健康保険証の写し
  • 印鑑
  • 所得税額等を証明する書類(課税の基準となる1月1日に町外に住所があった方のみ必要)

養育医療券

申請が承認されると「養育医療券」を交付します。ご自宅に郵送しますので「養育医療券」が届いたら医療機関に提示してください。

お問い合わせ

健康福祉課健康増進係 電話番号0280(57)4171

1か月児健康診査費助成

野木町では子育て支援の一助として、1か月児健康診査の費用に対する助成を実施いたします。

対象者

平成27年4月1日以降に出生した、野木町に住所がある乳児。

助成額

上限5,000円
※5,000円を超えた額は自己負担となります。

お問い合わせ

健康福祉課健康増進係 電話番号0280(57)4171

1か月児健診の受け方

1か月児健診の際、1か月児健康診査受診票(オレンジ色)を医療機関の窓口に必ず提出してください。
受診票は県内の医療機関で使用することができます。

※里帰り等、県外の医療機関を受診の際は下記までおお問い合わせい合わせください。
※1か月児健康診査受診票が医療機関で使用できない場合、申請により後日払い戻します。健診日から1年以内に申請してください。申請の際は以下の添付書類をご持参ください。

添付書類

  • 1か月児健康診査の領収書
  • 1か月児健康診査受診票(オレンジ色)

※健診結果記載済のもの

  • 口座番号がわかるもの
  • 印鑑

※1か月児健康診査の結果は、野木町に送付されますのでご了承ください。
※他市町村に転出した場合、使用できません。

お問い合わせ

健康福祉課健康増進係 電話番号0280(57)4171

チャイルドシート購入費の補助

野木町では、交通安全対策の一環として乳幼児のいる家庭で新しくチャイルドシートを購入された際に購入費の一部を補助します。

補助対象者

・保護者(養育者)及びお子さまが町内に住所を有する方
・お子さまが6歳未満の方
・安全基準に適合するチャイルドシート(中古品を除く)

補助額

  • 購入費用(消費税を含む)の3分の1

(1台につき限度額は1万円、100円未満切り捨て)

※安全基準に適合するチャイルドシート(中古品除く)が対象で、送料等の経費は補助の対象外です。なお、お子さまが生まれてからの申請で、補助はお子さま1人につき1台に限らせていただきます。
※申請書は町ホームページからダウンロードすることができます。

補助金交付申請書に添付するもの

  • 領収書等(店名及び品名の記載されたもの)
  • 品質保証書その他チャイルドシートの製造元、品名等が確認できる書類
  • 振込口座情報(金融機関名・支店名・預金種目・口座番号・口座名義人)
  • 印鑑(申請者自身が申請書に署名した場合は省略可)
お問い合わせ

総務課消防交通係 電話番号0280(57)4128

予防接種助成

予防接種法に基づいて、野木町内に住所登録がある方を対象に予防接種を実施しています。予防接種は体を守る手助けをしてくれます。予防接種を受けて感染症にかからないように、かかっても軽くすむように強い体をつくりましょう!

お問い合わせ

健康福祉課健康増進係 電話番号0280(57)4171

乳幼児および児童・生徒を対象とした予防接種

接種対象年齢がきましたら、希望する町指定医療機関に予約をし、受けてください。やむをえず小山地区医師会以外の医療機関で接種される方は、ご相談ください。

  種類対象年齢
定期予防接種 ヒブ 生後2か月~5歳に至るまで
小児用肺炎球菌 生後2か月~5歳に至るまで
BCG 1歳に至るまで
四種混合 生後3か月~7歳6か月未満まで
MR(麻しん・風しん混合) 1期:生後12か月~24か月に至るまで
2期:5歳以上7歳未満の者で小学校就学前の1年間(年長児)
水痘 生後12か月~36か月に至るまで
日本脳炎 1期:生後6か月~7歳6か月に至るまで
2期:9歳以上13歳未満
二種混合 11歳以上13歳未満に至るまで
接種任意 ロタ 生後6週~
※ワクチンの種類により異なります。
おたふくかぜ 生後12か月~36か月に至るまで

お問い合わせ

健康福祉課健康増進係 電話番号0280(57)4171

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはのぎっ子キラリ子育てです。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

のぎっ子キラリ子育てホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る