1. ホーム>
  2. 育児>
  3. 障がいの心配のあるお子さんのために

育児

自立支援医療(育成医療)

身体に障がいがあるか、または治療を行わないと将来一定の障がいを残すと認められる18歳未満のお子さんで、手術などの治療効果が確実に期待できる場合に、その医療費の一部を負担する制度です。治療を受ける前に申請が必要です。

お問い合わせ

健康福祉課社会福祉係 電話番号0280(57)4196

重度心身障がい者医療費助成制度

身体障害者手帳1・2級、療育手帳A1・A2またはIQ35以下、身体障害者手帳3・4級でIQ50以下の方の医療費を助成しています。

※助成対象となるのは、保険診療分のみです。
※こども医療費助成制度を受けている場合、こども医療費が優先となります。

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 身体障害者手帳または療育手帳

お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4141

特別児童扶養手当

精神または身体が中程度以上の障害の状態にある20歳未満の児童を監護している父もしくは母(所得が多い方)、または父母にかわってその児童を養育している人が、手当を受けることができます。(なお、外国人の方も支給の対象となります。)

※次のいずれかに該当するときは、手当を受けることはできません。

  1. 児童または請求者が日本国内に住んでいないとき
  2. 児童が児童福祉施設などに入所しているとき(保育所、通所施設、障害児入所施設への親子入所を除く)
  3. 児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき(児童扶養手当、児童手当、障害児福祉手当は年金ではありませんので併給できます)

支給額

平成27年4月~
1級(重度障害児) 月額  51,100円
2級(中度障害児) 月額  34,030円

※手当額は改定されることがあります。
※請求者及びその扶養義務者について、所得制限があります。

申請に必要なもの

  • 請求者と対象児童の戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票謄本
  • 印鑑
  • 障害程度のわかるもの(身体障害者手帳、療育手帳等)
  • 個人番号確認書類(請求者、該当児童)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)

※その他に必要な書類をご案内する場合もあります。

お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4140

障害児福祉手当

精神または身体に重度の障害があるため、日常生活において常時の介護を必要とする状態にある20歳未満の児童に手当が支給されます。

※障害を支給事由とする年金を受給している方や施設に入所している方は、手当を受けることができません。
※障害者本人またはその配偶者、もしくは扶養義務者の所得制限があります。

支給額

月額 14,480円

申請に必要なもの

  • 請求者と対象児童の戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票謄本
  • 印鑑
  • 障害程度のわかるもの(身体障害者手帳、療育手帳等)
  • 個人番号確認書類(請求者、配偶者、扶養義務者)
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)
お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4140

特定疾患患者介護手当

栃木県特定疾患治療研究事業の対象者、又は対象患者を介護している方に対し、手当を支給します。

  • 所得制限なし  
  • 手当額 月額 3,000円

申請に必要なもの

  • 「小児慢性特定疾患医療受診券」又は、「特定医療費(指定難病)受給者証」
  • 印鑑
  • 特定疾患患者又は、介護者の振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカード等)

お問い合わせ

住民課給付・年金係 電話番号0280(57)4140

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはのぎっ子キラリ子育てです。

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

のぎっ子キラリ子育てホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る